入力支援システム
OCRの能力
スーパーコレクトとは?
財務会計でOCR
販売管理でOCR
勤怠管理でOCR
Scan to Mail OCR
書式サンプル
カスタムメード
導入事例
入力支援システムの応用
OCR入力代行サービス
FAQ
お問い合わせ
サイトトピックス


各種チラシ(PDF)はこちら



勤怠管理でOCR
 最近のスキャナや複合機には「Scan to Mail」という機能がついてます。
 「Scan to Mail」はスキャンした画像をメールの添付ファイルとして送信するので、 通信費をかけずに素早く画像ファイルを送ることができます。
 さらにこの画像ファイルをOCR処理し、FAX-OCRに代用できればと考えたのが、独自のシステム「Scan to Mail OCR」です。

 本支店間などで「Scan to Mail OCR」を利用すれば、高品質画像のまま送信することで認識精度が上がり、回線設備も増やさずに対応でき、 しかも通信毎の費用もかかりません。
 インターネットを介して画像ファイルを送信するので、情報セキュリティ面の考慮は必要ですが、暗号化技術と組み合わせることで解決することができます。

 特定業者間や本支店間などでスキャナ、または複合機がある場合は最適な方法です。

Inter FAX サービスを使ったOCR
Inter FAX は株式会社ドゥイット社が提供するサービスです。
同社との個別契約が必要です。

 FAX送信を行うと、「Inter FAX サービス」がFAXの画像をインターネットのメール添付ファイルとして転送します。
 この添付画像をOCR処理することにより、FAXサーバなどの環境を用意せずにFAX-OCRが実現できます。


FAX-OCRのメリット
 Inter FAX サービスの設備インフラがFAX受信するので送信側にストレスを与えません。
 急なFAX量の増大があっても受信設備を増やすことなく、そのまま運営できます。
 メール添付の形式で届くのでデータがコンパクト、時間あたりの受取可能枚数を気にする必要はありません。
 用意するのはメール環境のみ、ピーク時にあわせた設備や回線、余計なメンテナンス等の、ランニングコストをかけずに済みます。
 受信PCが停止中でも送信側は普段どおりにFAXを送り出すことができます。受信側で再び、PCを立ち上げるとその間にたまったメールの受信が一気に行われ、 取りこぼしもありません。

(注)Inter FAXサービスは月額基本料金と超過分の従量制料金が必要です。